SEOリンク
神話イ·ミヌ、それ以上のどんなもの②おかえり、Mイ·ミヌのコンサートの練習室は初めてではない? - Junjin~ 愛してるよ~
FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Junjin~ 愛してるよ~

(Always with Us) 

神話イ·ミヌ、それ以上のどんなもの②おかえり、Mイ·ミヌのコンサートの練習室は初めてではない? 

無題

どの言葉も必要ない。 開始はただイ・ミヌの指先から始まる。
音楽が流れれば紅海が分かれるようにダンサーが両端で席を占める。
その中でイ・ミヌが立ってゆっくり始動をする。 そよそよとそよそよと踊るように見えながらも
エッジあるポイントだけは確実だ。 あたかも実際のコンサート舞台に立ったような表情演技は
注目をひきつける。 Mイ・ミヌのコンサート練習室現場、アイドルのトレンディーだということを
決してのがさない職人の息遣いが感じられる。

グループ神話のイ・ミヌはMイ・ミヌとして5月24~25日ソロ単独コンサートを控えている。
ソウル、オリンピック公園オリンピックホールでなされる今回のコンサート‘エムステプ(M STEP)’は
Mイ・ミヌが去る2月ソロ デビュー10周年スペシャル アルバム‘エムテン(M+TEN)’を
発表してなされたことでより一層多彩で新しい見どころをプレゼントする予定だ。

無題

最高の舞台のために練習は必須。神話イ·ミヌは、ケーブルチャンネルMnet「ダンシング9」シーズン2の
マスターとして忙しい日々を過ごす中で夜を明かしながら、週末もなく練習に邁進していた。
テンアジアが練習室を訪問した時も、イ·ミヌは、黒いマスクと黒の帽子の間に疲れた目つきが漂ったが、
音楽が流れる屋の姿が明らかになった。疲れた気配は見られなかった。

イ·ミヌだけの百万ドルの笑顔は、練習室の現場のエネルギー源であった。
しばらく休んでいる刹那にもイ·ミヌは、一緒にダンスを踊るダンサーたちと談笑を交わして
雰囲気を和気あいあいにさせた。長い間一緒に呼吸を合わせた仲間たちらしく
長い言葉の代わりに目つき一つで瞬時に雰囲気を反転させる。
デビュー17年目歌手イ·ミヌのノウハウは、あちこちに隠れている。目で動線を変えて、
練習室状況に応じて即座に編集された振り付けを披露する。
ブラブラ歩く姿さえも踊りに見える錯視を引き起こすほどだ。
イ·ミヌの目つきは瞬間ひらめいなる。自分の仕事においてだけは
一歩もぞんざいにしていないプロフェッショナルな姿だ。

イ·ミヌは今回のコンサートでアルバム収録曲を新たに編曲して広げてみせる予定だ。
ソロ4集 'エムライジング(M Rizing)」のアルバムタイトル曲「男を信じるな」は完全に新しい服を着た、
「バンプ(Bump)」、「ディエンスタイル(The' M 'Style)」などのソロのヒット曲たち舞台も
今までとは違う姿を準備した。もちろん、「エムテン」のアルバムのすべての収録曲の舞台にも公開される。

無題

イ·ミヌの練習を見ながら、驚いたのは、練習室という小さなスペースでも、
自分だけの存在感を完成させたイ·ミヌの姿だった。神話イ·ミヌとしてメンバーらと呼吸を合わせ、
時には愛嬌混ざった語り口で雰囲気をアップ(Up)させる彼が
Mイ·ミヌとしてはソロとしての重量感を誇るもの。練習室後ガラスの壁にもたれて、
小さなポーズ一つを取る姿もオーラが感じられる。

イ·ミヌは "Mイ·ミヌは自由である」とし「暖かいことも、可愛いことができ、セクシーなこともある」と
神話のイ·ミヌとの違いを述べている。自分がしたい、自由奔放で、さまざまな色を
そのまま盛り込んだもの。短いけれど練習室現場をスパイしているだけだが、
黒く垂れモジャチェンの影の下で輝く彼の目を見ると、神話のイ·ミヌを越え
Mイ·ミヌが存分に広げて見せる魅力発散の時間はどのくらい眩しいか計ることになる。
真の師の饗宴、考えただけでもワクワクしないか。

出処: tenasia バクスジョン記者様
写真。ファングヒョンジュン

練習でも ”オーラ”があるんですって
この記者さん いい取材してくださってますね
なんか ミヌのファンっぽいですね
ジニが活動はじめたら 是非インタビューお願いしたいですね

スポンサーサイト
2014/05/15 Thu. 15:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://love0819junjin.blog107.fc2.com/tb.php/3459-8f423037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)