SEOリンク
カン・ミョンソクコラム 神話インタビュー - Junjin~ 愛してるよ~
FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Junjin~ 愛してるよ~

(Always with Us) 

カン・ミョンソクコラム 神話インタビュー 

[カンミョンソクコラム]

神話インタビュー; “神話というグループがとても楽しい仕事になるだろう”

15年前, このように堂々と幼稚な名前がありますかと思った. しかし 15年後,
これから彼らの名前に納得しなければならない. 神話. 1998年にデビューしたし, 2013年に
11番目新しいアルバム The CLASSIC を発表したグループ. その間に
数えきれないほど多いチャートで 1位をしたし, メンバーたちは個人活動でも成功をしたし,
末っ子であるエンディまでもティンタブのようなアイドルグループを製作している. そして,
神話の新曲 ‘This Love’は音源チャートはもちろん 8個の音楽プログラムで 1位を記録した.
彼らはただ 15年を解体しないで堪えたのではなく, 15年目にまた全盛期を走っている.
その点で神話はもしかしたらただ音楽やアイドルのカテゴリーではなく経営の観点で
話さなければならないかも知れない. 浮き沈み多い芸能界でどのようにチームが解体しないで,
常に良い成績までおさめて 15年を維持することができたのか. The Classic の活動が終わった後,
神話に会って問った. どのようにこれからの 15年がもっと期待されることができるグループになるかと.

135719571_5.jpg

去年の “今度アルバムはすべて一緒に集まって始めるのに意義があって
次のアルバムから本格的に神話のまた他の色が出ること”と言った覚える.
そして The CLASSIC を発表した. 活動を終えた所感がどうなのか.


民友:
今度活動で 8個の (1位) トロフィーを受けた. 15年間一番多い数だ.
特に以前に KBS ミュージックバンクで ‘T.O.P’で初 1位トロフィーを受けたが
今度ミュージックバンクで 1位をするから感懐が新しかった. 本当に空に飛ぶようだった.

彗星:
ミュージックバンクは 500回特集の時の私たちが唯一 1回出演者だったが
700回特集も一チームとして出た. だから気持ちにすごく一味違っていたよ. ファンに感謝する.
tvN サタデーナイトライブに出演した時喊声音が物物しかったよ. 現在進行形のチームという感じがした.

民友:
舞台に立って見れば去年に比べて今年はもっと反応が大きい. 放送終えて家に帰る時
多くのファンが出て応援してくださるから必ず過去に帰ったようでもあって.
そして制服を着た学生たちがファンだと言いながら手紙に “お兄さん”と書いてくれれば本当に良い.
実はその方々に私たちは叔父の年なのに (笑い)

彗星:
すごく良かったの? お兄さんと言ってくれるのが? (笑い)

民友:
すごくいいね. そのファンが与えた贈り物も直ちに着した.

135719270_3.jpg

何を直ちに身につけたか. (笑い)

民友:
腕輪だった. それを MBC 音楽中心最後の放送に蹴って出てきたりもしたし.
そのファンが意味深く思ったらと思った.

彗星:
私たちが単純に 15年の間メンバー交替なしに活動して先輩優遇を受けるのではなく
よく準備された音楽と舞台で大衆の視線を引くことを約束し、このような結果が出てくるから、
より胸がいっぱいでもっと見せたいものが残ったという気がする.

エリック:
15年長寿グループというのはおまけのようなと思う。後輩たちと歌番組で同じように競争して、
1位をしたが、その歌手が15年目であるだけだ。良いグループでなければするのが最も重要である。
そして、私たちと一緒に多くの人々が一緒に仕事をするから目的よりも仕事をするときの雰囲気が
より重要である。雰囲気良く働くことができる環境がなければ私たちが知らない部分で
みんなよく動くことができる。それが今回の活動では、スタッフが皆、
自分の仕事のように助けてくれて、思わぬ結果が出たようだ。

しかし 15年という時間はそのものでもすごい. 神話は初めには企画によって
作られたチームでもあったが, ある瞬間チーム自らの生命力で動いた.
大部分のグループたちはその時点で自然に別れないか.


前進:
すべての夫婦は子生んで幸せに家庭を立てるのが当たり前なのではないか.
離婚する場合もあるがそれは誰も望まない. そんなことだ. 私たちがずっと
チームを維持するのは当たり前なことなのにこれをどうしてこんなに誉めるんだろうと思う時もある.

民友:
私たちの活動はハッピーエンドではない. “それで幸せによく暮らしました”ではなくまだ,
今もよく暮らそうと努力しているのだ.実際に今回のアルバム作りながらも多くケンカもした
今後もそうだろう

ドンワン:
とても運が良いと思うのが, お互いに各々暮す理由と方式をお互いに尊重してくれる.
この子がいくら私を理解できなくても私が理解してくれと言えばその後では
私がこれ以上説得しなくても良い.
そのままあの子が何のためにああするんだなあと思ってそのまま移る。

民友:
チームに危機が来ればメンバーたちがとても率直になる. 中に病まないですべて取り出しておく.

エリック:
年を取るほど自分の領域たちがあって侵犯をしないようにして例の守ろうと思うから
そんな話しにくくなる. しかし私たちはどうしても問題を取り出して解決する.
事が大きくなるようで堪えれば問題が消えるのではなく後から回る. それがむしろずっと悪い.

今度のアルバムではどんな点を打ち解けて話したか.
‘This love’は曲や舞台で見せてくれたボギングダンスが前とあんまり他のスタイルだから
異見があったようだ.


民友:
何人かのメンバーたちは大当りだ, よし, 格好よいと言って他の何人かは心配してそうだった.

ドンワン:
一番確信をくれたのは振り付けを一緒にしたアンヒョンソク団長だった.
ある日急に “お前がこれをする夢を見た.” 告げていたよ. それとともに
君逹が始めれば、誰か沃閣ダンスをするだろうし、神話は、その開始になるだろう
ボギングデンスをするつもりで, 神話はその手始めになると言っていたよ.
そのように何回も説得をした. すごくありがたかった.

ドンワンは SNSにどの食堂でおばさんが神話の舞台を見て “いやミスター金
(金東完が出演したドラマのキャラクター)があんなはでなダンスをするなんて”
というものを言ったという話を申し上げたりした.


彗星:
最後にそのような内容もある。 “私たちのミスター海苔がそんなはずがなくて。”ハハ。

ドンワン:
それで今度コンセプトがもっと良かった. ドラマに出演して見ればイメージがあまり固まるのがあるのに,
‘This love’がセクシーなコンセプトだからとても良かった.

静寂な振付に成熟な姿を加えたボギングダンスやスーツに額を現わしたビジュアルが印象的だった.

民友:
難しい部分が多かった. 前にしたスタイルをしたくなかったがそれが抜ければ
神話の色が出ないから. そうすると ‘This love’ 振付が出た時 “あ!なりたい! ” と思った.
神話の特徴を維持しながらも 30代が見せてくれることができるセクシーさを表現することができた.

タイトル曲を含めてアルバムの色が一貫された感じなのに, 外部作曲家たちの曲をもらった.
曲を選ぶ時基準みたいなのがあるか.


民友:
曲が良ければ、すべてのようだ。
そして中毒性を大切にしている。リズムが生きているメロディーは耳に入る。
その残像が続いメムドルようにメロディが残るような中毒性

エリック:
前にはメンバーたちが各々お上手な部分を考慮する場合が多かったら
今は車に移動するとかする時
立ち入って別の仕業しなくてそれだけ聞くようになる曲を選ぶようになる.
この前のように覇気ある曲たちよりよく聞こえて楽な曲たちがもっと触れて.
そのため ‘This love’は鑑賞用ダンス音楽みたいでもあった. 声もメンバーの個性を
強調するより一緒に出る声に集中したという気がして.

彗星:
どのような変化を目標に置くよりも曲ごとに感じが違って呼ぶべき方向があるから曲の感じに充実した。
'This Love'は夢幻かセクシーな感じが入るだから、そのスタイルを十分に満たす行った。
ボーカルディレクティングを受け取るとき、過去のアルバムに比べて"これは、
シン·ヘソンのに少し異なってみようか?"このような話をたくさん聞いた。
私聞くにはいい無難な音いくつかの異なるみればどうだろうかと
過去のアルバムに比べて"これは、シン·ヘソンのに少し異なってみようか?"
このような話をたくさん聞いた。私聞くにはいい無難な音いくつかの異えてみればどうだろうか
というふうに

前進:
力をもっと抜いて楽に呼ぶように努力した. 大変で時間も長くかかったが結果
物を確認して見て差があるのを分かるようになった後には少しでも新しいのを試みて
努力しなくちゃいけない
と言う気がしていたよ.

そんな点でユニット活動をしたくはないか. このごろアイドルたちは大部分するのに
むしろ神話がしない.


民友:
元々はユニットでふたつ二人二人, 三三こんな式で何曲をするかもつもりもした.
濃い以下高度何年前から話したりしたし. デュースやクローンのようにして見ようと言った.

前進:
大丈夫のようではある.デュースの ‘夏の中で’のような歌を一度してみたかったり.

ドンワン:
前進や民友は本当に踊りをたくさん踊りたがるようだ. 私もいつになるかは分からないが
彗星とユニットで ...

ダンスデュオ? (笑い) ふたりが神話で一番踊るに自信ないメンバーたちなのに
MBC ラジオスターではダンスバトルまでした.

民友:
ダンス競争相手同士でみよう。(笑)

彗星:
考えをしないのではない. ただいつか必ずしなければならないという気がする時がないか.

エリック:
嘘だ. (笑い)
私が確かにきいたが, 今度コンサート舞台でどこでもコーナーを作ってドンワンと
ダンスバトルをしたいと言っていたよ. それで私たちがそれは君たちが別にしなさいと言った. (笑い)
アンコールまで終わって退場すればその時しなさいと.
実は 4年ぶりにカムバックした後には個人活動をちょっと慎んだ.
神話のメンバーでもうちょっとしたほうがましさそうだった. ところでこれからは
ユニットに対しても考えるようになったりする.

135719100_2.jpg

過去1年の間に神話の活動に集中し、個人的な活動を全くしないこともあった.

エリック:
個人活動で演技をする人に芸能プログラムだけ 1年始終することは良くないかも知れない.
演技をする時芸能のイメージが思い出すことができるから. しかし反対に
私は配役の中の自分の姿よりも私はあるがままの姿を現わしたときに愛されることがあれば、
それは より素晴らしいことだ。その点では<神話放送>のように勝手に壊れることができるのが満足だった
生える配役の中の私の姿より私がありのままの姿を現わした時愛されることができれば
それがもっと格好よいようだ. その点で神話放送のようにわがまま壊れることができるのが満足だった.

新放送がメンバーたちの間にうまく行ってない行くギャップを埋めるという点で重要であるとした。リーダーとしてのチームの長期的なビジョンを考えているという感じがする<エリック:
どんな目標を持ったのではない. 去る 15年をして来たように続きたくて,
どうせやるなら最高のチームで活動したい.

民友:
神話が分からなくて過ごした新しい 10代ファンが神話放送を報告
“あのおじさんたち古いグループなの?” しながら捜してみるようになったようだ.

彗星:
放送をすること自体がチームを団合させるのに大きい役目をした.
前には一緒に活動して個人活動して, また集まってアルバム準備をしたが
それではグループ活動をしない時集まりにくい. ところが神話放送をするから
しばしば顔を見るようになる. それ一つだけでもこのチームにとても役に立った.

エリック:
この頃は歌謡と芸能番組を共に活動することになるが、今回は<神話放送>を通じてアルバム発表前から
関心を得ることができた。 <神話放送>でなければ<サタデーナイト ライブ>に出て行って
上手に出来たのだろうかという考えになって。 <サタデーナイト ライブ>)生放送で程度が強くて
これをすることができるか心配した。 すれば良いこと同じであることは一ケ所見慣れなくて不便だから。
だが、そのように感じるのがマンネリズムないかと思った。 メンバーが15年の間活動をしたが
不便でストレス受ける時は睡眠も寝られない。 このような部分をみな甘受しながら熱心にしたので
良い結果を得るようだ

どうして変化が必要だと思ったか.

エリック:
アルバムを眺めれば 3-4年週期でちょっとマンネリズムに抜ける時がある.
われらはいつも活動ごとに 1位だったし, もうどの位位置を維持することができるから.
この前に宿所生活をする時はそんな時期が来る度にドングワンイが食卓に私たち集めておいて
“私たちマンネリズムに抜けてはいけない!” そんな無駄なものを言いながら (笑い)
雰囲気を取った. 今度にもそんな時だったようだ.

ドンワンはサタデーナイトライブで ‘アイドル保険’に対して紹介しながら
アイドルの人生は有限だと言った. 15年目アイドルをする立場でどんな気持ちや.


ドンワン:
それは芸能だから芸能は芸能のみ誤解しない考えでした. (笑い)
多いアイドルが有限ではある. 人気なければ消える場合も多くて. 私たちもアイドルだが
ただ人気だけで維持されるチームではないようにメンバーたちが努力してここまで来たようだ.

KBS happy togetherに出演した時アナウンサーツェフィがファンで出た.
幼い時代ファンだったという有名人たちがトークショーに一緒に出演するようになった
.

ドンワン:
私はそんなファンがすごく遅く会ったことだ. 他のメンバーたちは成功した(神話創造)と言って
歌手の中にファンにすごく多かった. ところで私はほとんどいなくてツェフィシに感謝した.
とても格好よくて.

“神話はみなさんの人生を責任負わないです”と言ったがそれほど分かってよく大きかった. (笑い)

ドンワン: 私は私の自ら責任を負わなくてはならない男心配する時ではない. (笑い)

135719407_4.jpg

エンディは後輩アイドルグループたちを製作してプロデューシングする.
普通は会社を調えれば自分の活動はちょっと退く感じもあるのに,
むしろ去る何年間一番活発に活動の中だ.


エンディ:
所属社にある友達にいつもどうすれば良い, お上手ではなければならない載せろと言ったが
一緒に舞台も立って活動もするから気付きも見えてハハ.

ドンワン:
エンディの会社子たちが当舞台を手組をしてみていていたよ. いくらよくするようにしよう. (笑い)
子たち管理よくするようだ. 軍隊行って来た後になるように社長のように変わった. (笑い)

ところで社長が現役で 1位だ. (笑い)

エンディ:
デビューしなかった演習生たちと話してみると彼らばかりの世界があって
私もちょっと学ばなければならないのが多いという気がする. この友達は本当に熱心にする.
デビュー一日の前まで練習して宿所に入って来ても練習して.
実際には盛んに遊ぶ年齢なのにたまに宿所へ行けば音楽音がずっと聞こえる.
ずっとモニターして練習して. そんな点では私たちがデビューした時より自分の管理を
もっとよくするようだ.

今新人たちのように 20歳の時に帰るとこんな間違いはしないようだと思うことがあったか.

ドンワン:
私神話は、そのような失敗を糧に今のようになることができたと思う。後悔しない。(笑)

前進:
私も. 試行錯誤なしに無難な芸能人だったら今間違いをしていないか.

民友:
暮しながら後悔した事はあるが神話で過ごしたことは後悔した事がない.

彗星:
20歳の時に戻ると、ヘアスタイルを今のスタイルで着実に維持したいと思う。

ドンワン:
ない。以前のヘアスタイルもあり私たちが'飛天舞スタイル"このようなこと芸能で書いて
食べてそう。それしなかったら今していること(笑)その時マンヘソ二度とないんじゃないの

神話は相変らず物心がつかない部分があるようだ. 神話が出したストーリー北を見るから
エリックと民友がパンダ人形を置いて争ったという話もあったが.

エリック:
そのパンダ人形の実は民友がとても大事に思うので私が奪いたかった.

彗星:
重要なのはパンダ熊ではない. この子は邪悪で誰が好きなのを見れば奪いたいのだ. (笑い)

エリック:
そのパンダ熊ママと子が実に縛られていることなのにこれをはなして小さなことだけ持つと言いながら
冷やかそうとしたことだ. ところで本気にパンダを分離するからまともに怒っていたよ.
ちょうど覆して. 横にあったジンイはちょうど水に濡れて. ところでこれが親しくなければ
それほど怒ることができない.

民友:
メンバーたちがいる時だけは本当に楽だからいたずらもたくさん打って面白いことあれば
一緒に騷いで笑いながら遊ぶ.

彗星:
他のところでは年もあるからこんなに暮す事ができないaはずだ.
しかし私たちの間ではこんな姿が自然でおもしろい. 年が 30代中盤なのに
私たちがあまり年を取ったように住んでも似合わないaようだ.

ドンワン:
物心が少しもかからないg.

彗星:
それ位に中入るのではなかったの. (笑い)

エンディ:
ドンワンが兄さんだけ入らないgんだろう. (笑い)

135718887_1.jpg

そのように一緒に 15年を過ごした. これから神話として何かして見たいのがあるか.

エンディ:
すべてまったく同じな心のようだ. 今まで 15年のようにこれからの 15年度もう熱心にして
私たち色を明らかに引き立つようにしたい.

前進:
その時その時状況にあうように仕事が入って来ると厭わないで熱心にしたい.
グロダボなら時間の経つわけで人々は “わ~ 30年!” こういう時も来ることができるが
私たちはその時も加えることができると思うようだ.

民友:
神話があるからナラン存在があると思う. 神話が一番重要だ. 私たちどうしよく言う言葉がある.
甘く, 面白く, 私たちがしたいことを構えることなしに. そうしたい.

ドンワン:
面白く熱心にする. そしてファンの愛に報いる人になることができるように努力する.

エリック:
神話で活動するのはただ職業を越す大きい意味があるがどんなに見れば暮らす事でもある.
それでとても楽しい職場になれば良いだろう. そしてグループ活動を休んだ 4年間私たちが
解体したと思う人々もいた. 人生の半分を送ったチームなのに本当に瞬く間に忘れるようだった.
それでこれから人々が神話と言った時熱狂ではなくても首をうなずくことができるグループで残ったらと思う.

彗星:
雄大な計画や欲心なしに今ようにしたい. 結果を引き上げようと無理やりに努力して
何やらしようと思いたくはない. いつまでもいつまでも着実にしたい.

民友:
踊りはドンワンこれよりもっとよく踊るようにやって.

ドンワン:
私はじっといるのか?

神話: ハハハハ. 今まで私どもは神話でした!

文. 姜明税様
インタビュー. 姜明税様/催至恩様
写真. イジンヒョック様 (ピンポンスタジオ)

スポンサーサイト
2013/07/24 Wed. 18:01 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://love0819junjin.blog107.fc2.com/tb.php/3233-f9248a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)