SEOリンク
2013年11月22日 - Junjin~ 愛してるよ~
FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

Junjin~ 愛してるよ~

(Always with Us) 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

『チョンジンと過ごす秋の京畿道ツァー』 tamaちゃんレポ (2日目)  

2日目(16日)

遅くまでおしゃべりしていたにも関わらず、いつもの習性で4時には起きてしまう。
外は一面の濃い霧で、ほんの少し先も見えない。

10:00 まだ霧も晴れない中、バスはユネスコ指定世界文化遺産の水原華城に出発。

華城に入る前に、ドラマでおなじみの朝鮮時代の兵士たちが
弓・槍・長槍等のパフォーマンスをしていて、
あまりのカッコ良さについつい見とれてしまう。

DSC_0256.jpg
(写真す~さんカメラ)
(す~さん感動して見入ってしまい集合時間に遅れ、”終了!”と肩をたたかれる><)

蒼龍門から城壁に上がり、城壁を長安門まで50分ほど歩く。
途中、将台やら舗楼、暗門等を見ながら登ったり下ったりしながら、延々と歩く。
国鳥のカササギも始めて見ました。
黒と白の美しい鳥でした。
カササギの声を聞くと縁起が良いと言われているそうですが、残念ながら声は聞けませんでした。

長安門から行宮へ。

イサンがお母さんの還暦のお祝いをしたり、お父さんのお墓詣りに行く時に泊まったところだそうです。
イサンやチャングムの場面を思い出しながら、見学しました。

DSC_0258.jpg
(写真す~さんカメラ)

行宮を出てトイレに入ると、なんと個室内部の前面がほとんどガラスで、明るくていいんだけど、
落ち着かないったらありゃしない。
城壁を模した壁が外にあって、誰も見えないんだけれど・・・ねぇ。

昼食は고향촌というお店でカルビタン。

DSCF0619.jpg
(写真 す~さんカメラ なぜかセピア><)

薄味で、さっぱりとして美味しかった~。
ちぢみもホバクのジョンもね。

14:00 ホテルの宴会場でレク。

宴会場に入ると、ステージの上に、私たちが贈ったドッグフード花輪が!
やっぱり60キロにしてよかったね~、す~さん♪

201311170000.jpg
(写真す~さんカメラ)

ジニ登場。

肩が黒、胸から下はグレーで赤とブルーの細い横縞が入ったトレーナー、黒っぽいデニム、
黒のナイキ、黒のキャップを逆に被り、大門・・・。

ゲームは3つ。

① 長いスプーンにオレンジ色のピンポン玉を乗せてのスプーンリレー。
② パターゴルフ。全員の打数の合計が少ないチームが優勝。
③ ビンゴゲーム

ビンゴ以外のゲームには、人数の足りないチームに、ジニ、ジニマネ、ヘソンマネ、ミヌマネ、
シナカンの社員1名、お友達のキム・ジョンファンさんが入って一緒に戦う。
どのチームに誰が入るかは、また抽選です。
最初の2つのゲームはあらかじめ2回抽選をして、ゲームごとにチーム編成が変わります。
私とす~さんは、ヤラセじゃなくて2回とも一緒のチームでした。
助っ人は2回ともミヌマネ。
結構、出来るお方です♪
ゴルフでは、みんなが苦労して20打以上打った人も多かったのに、
ジニとす~さんは4打で終了! \(^^@)/
スゴイよね~。
ちなみに私は6打でした。 ←これもすごい数字です!!!
ゴルフは全員が入るまで打つので、予想外に時間がかかり、みんなヘトヘト。
(MCの人から こんなに下手だとは思いませんでしたと言われてしまいました><)

ビンゴでは優勝者は3人までということでしたが、ボーナスとして4人までとなり、
4人決まったと思ったら、最後に2人ビンゴしてしまい、おひとりが審判長のところに先に走って
勝ちを決めました。
残った方が可哀想だなぁ・・・と思っていたら、ジニもそう思ったのか、近づいて来て、
ペットボトルを開けて口をつけてひと口飲み、ふたをして特別プレゼントしてくれました。
(いち早くリーチコールしたのにビンゴ!ならず。。。(TT))

最後にサインボール30個を、後ろ向きなったジニが投げました。
ボールにはサインだけではなく、♡マーク、簡単な言葉、7周年にひっかけて7の文字、
等が書いてありました。
この7と書いてあるボールを拾った方が、
後でジニに花束贈呈する役目を仰せつかることになっていました。
鈍くさい私は、もちろん1個も拾えるはずもなく・・・(泣)。
でも、中には2個もゲットする幸せ者もいて、1個を私にくれました。
頂いたボールには、힘내세요!  と書いてありました。
ありがとね~!!!

DSC_0275.jpg
(写真 す~さんカメラ。す~さんゲットというより譲って頂きましたm(__)m)

夕食は、同じ宴会場でバイキング。
テーブルは6個、これも抽選です。
と言っても、前列3つ、後列3つなので、さほど差はありません。
食事前にオレンジ風船を膨らませて配り、バナーを飾り準備。
ケーキの実物も、ものすごく可愛い仕上がり!

Baidu IME_2013-11-17_22-22-19
(写真す~さんカメラ)

ケーキの写真を撮っていたら、ついたての向こうからジニの声。
衝立の向こう側にもテーブルがあって、ジニたちが食事をしていました。
韓国ペンちゃんもオレンジと白のケーキを用意していたので、
ケーキは2個とも並べて出すことにしました。
韓国ペンちゃんたちのはジニの写真いり。

DSC_0274.jpg

私たちのは白地に水色のケーキで、トップには可愛いまん丸のひよこちゃん♪
そして「7TH」の文字と、小さい♡。
もちろん、「I ♡ JUNJIN JAPAN」も。
どちらのケーキも可愛くてステキです。
ジニは幸せ者だなぁ~。

ジニ入場。

カーキの帽子、身ごろがカーキで袖と襟が紺のシャツ、デニム(?)、そして・・・大門・・・。
お友達のキム・ジョンファンさんを呼ぶ。
ジョンファンさんはギターを弾きながらオリジナル曲を2曲披露。
ジニは、合いの手を入れる様に、ちょこちょこっとだけ。
3曲目は、ジョンファンさんがギターを弾いてジニが歌う。
ちょっと高音が出辛そう・・・。
「これでミニライブを終わります」という進行さんの言葉に、
みんなあっけにとられてからザワザワ・・・・。

次は「(今日の)理想の女性あてクイズ」。

全員が立って、該当しない人は坐っていきます。
・今、スカートをはいている・・・・×
・髪を結んでいる・・・・〇
この段階で、早くもひとりしか残らないので、即、決定!

ご褒美は、自分のカメラでセルフでラブショット。

次も「〇×クイズ」

・シンファとしてデビューしたのは18歳の時・・・・×
・右ききだが、ご飯だけは左で食べる・・・・×
・チョンジンは芸名と言われているが、実は本名である・・・・×
・シンファの中では「星の王子様」のイメージを担当・・・・×
(進行さんいわく「ファンが好きなアイドルを王子じゃないと言うのを聞くのは初めてです」)
・朝起きて、最初にするのは携帯を触ること・・・・×
(正解は「水を飲む」。「みなさんも朝起きたら健康のために冷たい水を飲んでください」by ジニ)
・足のサイズは28cmである・・・・〇
・ファースト・アルバムの7番目の曲は「チョウンサラム」である・・・・×
(正解は、「可愛い」by ジニ)
・生まれた時間は、夜中の1時15分だった・・・・〇

(進行さん:「難しいですよねぇ。それ以外の問題を『易しすぎる』と言って
       マネージャーさんがこの問題を考えたんですよ。
       後で文句言ってもいいです」)
この段階で5人に絞られ、ジニとのじゃんけんで1人が決定。
ご褒美は、さっきと同じく、自分のカメラでセルフでジニとラブショット。

続いて、レクの優勝チームの表彰。

・スプーンリレー  Cチーム  サイン入りのパスポート・ケース
・パターゴルフ   Eチーム  同じく
・ビンゴ   5人  帽子(私物、サイン入り)をじゃんけんで勝った人から順番に選ぶ

ジニのご挨拶。

でも、何か笑いのツボにはまってしまったらしく、
しきりに顔下半分を手で隠して笑い続けるジニ。

「今回は小さい規模のイベントだったが、次はもっと大きい規模で、肉も焼いて。
 私は肉を焼くの上手なんです。・・・

 (この間、メモ読めず。ただやたらに「コギ、コギ」とやたらに連発していたことしか覚えてません)・・・
 私が焼いて、みなさんにお肉をあげるチャンスを下さい。
 ホントデス!ヤクソク!
(出ました!懐かしい日本語)」

進行さんが、「日本では、焼肉を一緒に食べる間柄は親しいと言います」と言うと
「シッテマス!」 (ホントかなぁ?)

「年下の方、お姉さん、お母さんの年齢の方に、肉を焼いて差し上げるチャンスをください。
 それから、寒くなってきましたが、雪の降る日はボードに乗りに行こう。
 スキーが苦手な人は雪合戦をしましょう。私は強く投げますよ!」


「近いうちに、早く、また皆さんにお会いししたい。コンサートもあると思うが、
 今日みたいな雰囲気のイベントもまたやりたいです。それから、
 肉を焼いて差し上げることも・・・」


その後も「くりご・・・くりご・・・」と繰り返し、通訳さんを困らせるジニでした。

ツーショットが始まります。

自分のカメラを持っている人は自分のカメラで撮ってもらえて、
持っていない人や、私の様に自分のカメラのバッテリーが切れたり調子の悪い人は、
スタッフのカメラで撮ってもらえます。

その間に、主催者側に、「1曲も歌ってもらえないのか」聞くと、「歌わないと聞いた。
詳しいことはマネージャーと話してください」

す~さんと一緒に、ジニマネに交渉。

「ゲストが2曲歌って、チョンジンさんの歌が1曲もないのは納得できません。
みんな、それを期待して来たし、特に初めて参加した方は
歌手チョンジンさんの生の歌を見に来ているんです」
マネ「実は、チョンジンさんが のどが痛くて歌えないんです」
「それなら、私たちが歌いますから。『サランイオジアナヨ』の音源はありませんか?」
マネ「チョンジンさんの声も入っているのならあります」
「入っていてもいなくても、かまいませんから。他のイベントでも私たちが歌って
プレゼントしたこともあるので大丈夫です」
と交渉して、一度はOKして音源を取って来てもらいました。
でも、ツーショットの最後の撮影者になってしまった私が撮り終えた時に
ジニマネがジニと話したらジニが首を横に振るのです。
すぐにジニマネが私のところに飛んで来て
マネ「チョンジンさんの体調が限界で、もうすぐに休ませたいので。申し訳ありません」
ジニマネと話している私を見てジニが側に来て
J「ごめんなさい」
「大丈夫ですか?」と両腕を触ると熱のせいか異常に暑い。
しゃべる声もマイクを通さないと、いつもの声より弱々しくハスキーを通り越してかすれて出ない状態。
「分かりました、無理しないでくださいね」
J「ごめん、ほんとにごめんなさい。みなさんにありがとうと言ってください。ごめんね」

御存じの様に、歌うのが大好きなジニです。
踊るのが大好きなジニです。
今回 歌えなかったことは本人が一番悔しく、不甲斐なく思っていると思います。
「プロなんだから、お金を取っている以上、歌うべきだった」と言う意見も聞きました。
もちろん、その気持ち 分かります。
そして、いろんな意見があると思います。
でも、元々のどが弱いジニに、そんな悪い状態でのどを酷使してまで「歌うべきだ」とは、
どうしても言えませんでした。
こんな甘いペンでごめんなさい。
でも、出来の悪いコほど、親としては可愛いのです。

一緒に風船を膨らますのを手伝ってくださった方々。

現地には来られなかったけど、それでも企画に参加してくださったり、
声援を送ってくださった たくさんの仲間たち。
みんなの気持ちは、しっかりジニに届いていますから。
ぎりぎりまで大変な思いをして頑張って準備してくれた す~さん。(とんでもない(^_^;)
大丈夫か?寝込んでないか? (過労じて かろうじて←うまい?!!)

以上がtamaちゃんレポでした
tamaちゃん ありがとう

す~さんは 準備の時は電源ONなんですが
いざ現場では 電源OFFなので ジニの写真はほとんどシャッターチャンスを逃してるか
カメラの操作がわからず セピア設定にして解除できず みんなセピアになってたり
サランイのマネとの交渉も ”tamaちゃん何はなしてるんだろう?”と
後からジョインしただけ(^_^;)
ジニとtamaちゃんが話していたことも全く知らず
現場ではほんとに役たたずです
ジニの仕方がなかった状況
主催社から、ジニサイドからは プロなので説明したくなかったことかもしれません
なのでこういう形で理解できたのはよかったのかもしれません
tamaちゃんありがと

スポンサーサイト
2013/11/22 Fri. 14:07 | trackback: 0 | comment: 14edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。